家計の悩み

月収約35万。毎月赤字でボーナスから赤字を引いた金額しか貯蓄できない

投稿日:


30代後半夫婦、3歳、0歳の4人家族です。
3歳児の息子が幼稚園に入ってからというもの、毎月赤字でボーナスから赤字を引いた金額しか貯蓄できません。

小さい時こそ貯め頃と言われているので、とても焦っています。

私の家計は甘いのか…それともしょうがないのか…判断お願い致します。

◆収入
月約35万(残業により上下有)
ボーナス60万程×2

◆支出
予備・冠婚葬祭費 85,000円
幼稚園費     45,000円
主人小遣い    30,000円
私小遣い     15,000円(高すぎるのは承知です)
奨学金支払    10,000円
プロバイダ     5,000円
家賃      100,000円
駐車場代     13,000円
ガソリン代    10,000円
電気       10,000円
ガス        7,000円
水道(下水道含)   5,000円
携帯        5,000円
食費       35000円
雑費(オムツ含)  16000円
衣服・交際    10000円
医療保険      9000円
医療費      10000円
合計    42万

※予備・冠婚葬祭費には、NHK年払い、ふるさと納税、車車検、家賃更新代、駐車場更新代、自動車税、車保険、収入保障保険、個人年金、結婚式・葬式代、親への援助などです。

今年前半だけでも40万位のマイナスが出てボーナスにて補填しました。

夏冬必ず、主人の実家に帰省する事もあり、帰省代で10万づつくらいは出ていきます。

これでは子供が幼稚園児の時の約6年間はあまり貯金できません。

これはしょうがないのでしょうか?

何かご質問があればお答致します。

尚、年収ですが毎年かなり差があり、平均850万程です。

取り合えずここを見直しですね。

収入保障と個人年金にふるさと納税。

必要な保障と掛け金を天秤にかけてみてください。

赤字といえどボーナスで差し引きできるなら年間レベルでは赤字ではないです。

ただボーナスが減額や最悪無くなることを想定するならば、黄色信号だと気持ちを引き締めておいてもいいかと。

それと「働く」ことは視野には入っていますか?

上のお子さんが小学生、下のお子さんが年少ぐらいの時にパートやアルバイトなどをすることを考えてみてもいいかもしれません。

幼稚園の月謝が終わってもそのころには習い事も始めているでしょう。

今後も月々の赤字をボーナスで補填することになり続けると思います。

3年後に働く(かもしれない)ことを想定して、仕事探しや預け先、お子さんのフォロー体制などのシミレーションをしてみてはどうでしょう。

仕方ないと言えば仕方ないのでしょうが、そこで甘えてしまうとずるずると・・・の可能性もあります。

個人的な考えですがちまちま節約するよりも稼いだほうが手っとり早いと考えているもので。

仮説として、ボーナスが5万減額になった場合の、削る優先順位を考えておきましょう。

ちなみにうちもほぼボーナス補填生活ですが、帰省はほぼしてません。

親に色々突っ込まれても構いません。入る収入は限られてますから。

あと親への援助金額は、ちゃんと記帳を残しておきましょうね。

同居して親を抱えるよりは、援助した方が良いと思います。

あと幼稚園の間は貯金は難しいと思います。

2人小学校になっても、そのまま習い事を始めたら、働かない限りはたまりにくいと思います。

奨学金がなくなったら、ずいぶん楽になれるのにな。

年間で12万ですからね、おっきいですよ。

予備・冠婚葬祭費 85,000円
雑費(オムツ含)  16000円
衣服・交際    10000円これだけで11.1万円です。

正直、家計簿の意味があるのか?

最低限必要な予算と、そうでない予算をキチンと見直さないで、お金は貯まらないと思いました。

それと、家賃10万で、車所持は中途半端。

車がいらない地域に引っ越すか、車を持つ為に郊外に引っ越すか、ハッキリさせなと、勿体ないと思います。

毎月払っているわけでもない予備費でわざわざ赤字にしておいてその分をボーナスで補うという方法ですか。

収支としては決して赤字ではないし、幼稚園の費用がかさむ時期は若い夫婦にとっては大変な時には違いないですが計算方法ひとつで余裕のある家計になると思います。

本来積立は、余裕のある時にピンチの時のためにちょっとずつ貯めておくもの。

なんかちょっと感覚が違いますよね。

半年で40万のマイナスといっても予備費のほうもそのくらいですよ。

家計が甘いというよりも計算方法が特殊だと感じました。

「あまり貯金できません」とありますが結構できているはずだと思います。

本当に1年をとおして赤字になるのならここにはない支出がまだまだあるということになりませんか。

収入に見合っただけの支出もしていればその分貯蓄額がふえないのは仕方ないですし。

うちも家族構成と収入同じ感じですが、26万位で足ります。
貯金を増やしたくてどうにか23万でやりくり出来ないものかと日々格闘していたので、42万にびっくりして出てきました。駐車場から見て都会の方なんだなと思いました。

家賃も、幼稚園費も、高いんですね。

理想は30万でやりくりして5万貯金が良いんでしょうけど、いや、せめて35万で赤字を無くすように計画立てましょう。

せっかく旦那さんが働いてるのに使い切ってボーナスまで手を付けるなんてあかんです。

赤字部分は土日か夜働いて補います。

そしたら、体力もきついし、嫌でも無駄が見えてきて赤字も減ると思います。

削れそうな所書きます。

車あるならちょっと郊外に越して家賃7万のは無いですかね。無理なら車手放す。

衣服、交際の交際費はお小遣いで賄えるはずです。

予備費と冠婚葬祭多いと思います

冠婚葬祭そんなにありますか??

ドレスは毎回買ったりは勿体無いです。

あと、親への援助は素晴らしいと思いますが、援助は生活に余裕が出てからでは駄目でしょうか。

せめて奨学金払い終わったらとか。

可能なら
家賃-3万
主さんお小遣い-5千
服、交際費-5千
冠婚葬祭、親援助-2万
減らせたら計6万円

土日か夜働いてプラス3万稼いだら少しは貯金にまわせると思います。


皆様、アドバイスを色々ありがとうございます。

予備冠婚葬祭費に関してですが、ネーム付けを間違えてしまったのか誤解を与えてしまっているかな。と思う所もあります。

予備冠婚葬祭費というより、年払い・他必要経費などでしょうか。

なるべく毎月のやりくりの中で納めてしまいたいという気持ちがあり、毎月の中から予算を組んでおりましたが、それが間違っているのかもしれません。

皆さんの意見を参考にして改善したいと思います。

-家計の悩み

Copyright© 家計が苦しい!意見交換掲示板 , 2018 All Rights Reserved.